株式会社大黒屋 大黒屋は東京都東村山市の建設設計会社です。

  • TEL:042-397-0311 10:00~17:00(祝祭日定休)
  • お問い合わせ
  • 体感ハウス見学予約
  • facebook
  • instagram

木づつみブログ

百才(ももとせ)木づつみのえんがテレビで紹介されます!

2021.03.26

先日、スタッフと会社近くの武蔵野うどん「ますや」さんにうどんを食べにいきました!
武蔵野うどんの老舗「ますや」さん。


まだ肌寒い日でしたので暖かい肉うどんを頂きました。
自家製の赤い柚子胡椒を入れて食べるとまた違った味わいで美味しかったです。
お新香など、”おまけ”も出てきてほっこりしました。

さて、4/10(土)21時からの「出没!アド街ック天国」は東村山名物が数多く紹介されます。
武蔵野うどんや黒焼きそばなどどんな東村山名物が紹介されるのか、ワクワクしています!
先日、百才(ももとせ)木づつみのえんのシェアキッチンでも撮影が行われました。
詳しいことはオンエアーで、とのことでスタッフもとても楽しみにしています。

縁ひらく庭 百才[ももとせ]「東村山の空き家が“えん”ひらく庭に。」をコンセプトに、空き家だった古民家「川島邸」を改装、
2棟の古民家にシェアキッチン・ブックラウンジ・アトリエ・カフェスタンドのある文化複合スペース。

府中街道沿いのお不動さまの隣にひっそり佇む2棟の日本家屋。
数年間空き家だったこの場所が、令和元年に再び息を吹き返しました。
きっかけは、家主の川島さんが弊社に建て替えの相談に訪れ、
趣のあるこの場所をうまく活かせないかと考えたことから百才は始まりました。
母屋は築60年、離れは築30数年。ふたつの建物の年齢を合わせると、間もなく100歳になります。

スペースの名前「百才(ももとせ)」は100年、100歳という意味。
ものづくり、まちづくりに関わるたくさんの才(能)が集まり、文化を育むターミナルとして、
まちの人の拠りどころとして、世代を引き継いでこの空間資源が続くようにと願いを込めて名付けられています。

縁ひらく庭 百才[ももとせ]建物の構成
母屋:コミュニティスペース:本や人に出会える、くつろぎの場
   アトリエ&ギャラリー:和紙造形と青いもの「紙と青」
   コーヒースタンド:小さなコーヒースタンド
   ハチコク社オフィス:まちにひらかれた編集室
   シェアサイクル:サイクルツーリズムの拠点
離れ:木づつみのえん
   1階シェアキッチン:日によって顔が変わる、飲食店許可付きシェアキッチン
   2階ショールーム&ショップ:豊かなライフスタイルを提案

4/17(土)11:00~16:00木づつみのえんでは
1Fにてえんカフェ、2Fにて木づつみ雑貨&GREENの限定SHOPを同時開催致します。

えんカフェではこだわりの自家製バンズと自慢のハンバーグのコラボが絶品のハンバーガーがオススメです。
木づつみのえん近くの新・体感ハウスpart2を見学された方はえんカフェのドリンク無料です
木づつみ雑貨&GREENは、ふだんの暮らしに寄りそうモノ、ちょっとよそゆきな上質なモノ、そんなモノたちを集めました。
4月からの新生活シーズンに向けてお気に入りの雑貨&観葉植物を見つけに来ませんか?

東村山の地元野菜も販売予定です!
ぜひ遊びにいらしてください。

ブログ最新記事

アーカイブ

ページの先頭へ戻る